小4次女の初めての筋肉痛

小学校で体力測定があり長女6年生と次女4年生、長男2年生がそれぞれ家に帰ってきてはいろいろ話してくれる。
なかでも負けず嫌いの次女は何かと長女と比べたがる。
長女はあまり気にしてないが、次女はかなり頑張っているのが分かる。


何日目だっただろうか。
なにやら肩と腰が痛いと次女が言い出した。


初めは寝違いじゃないか?と言っていたのだがちょっと様子が違うようだ。
いろいろ聞いてみると体力測定で頑張りすぎて筋肉痛になったようだ。


次女の人生で初めての筋肉痛だ(笑)
かなり痛くて大変そうで
普段は嫌がるマッサージをしてくれと言ってきた。


初日はほったらかして勝手に寝たのだが
筋肉痛の痛みに耐えられなくなったのか心を入れ替えて
お願いしてきたようだ。


肩と背中を中心に軽くマッサージをして
どうか聞いてみると少し良くなったかもとのこと。


無事にぐっすり寝られたようだ。


まあ子供は筋肉痛の改善も速いから
3日目にはケロッとしてたけど
本人には筋肉痛は大変な経験だったことだろう。


まあでもきっと今後も一生懸命に人に負けないように頑張るんだろうな(笑)
そういう姿勢は嫌いではないけどね。


楽しみながら向上することに目を向けて
人と比べずに頑張れるようになればいいね。

2歳児の断乳

3女の断乳・・・眠いときの哺乳瓶はやめられず
中身は水にしていたがいつかやめないとと話してはいたがなかなかうまいことやめられずにいた。


2歳半ごろに大掃除をして不必要な物を処分することにした。
多かったのはおさがりやベビー用品で人にあげられそうなもの。


その中に新品の哺乳瓶が使用済みに交じってあったので友人にすべてあげてしまおうということになった。
3女には気づかれないようにしまって…と思っていたら見つかってしまい
自分の哺乳瓶は取り出して所定の位置に。


その日はそれで良しとして、翌日早い段階ですべての哺乳瓶を袋にしまってはい終了!!
もちろん本人はすっかり哺乳瓶のことは忘れていた(笑)


寝るときに泣くかなーと思ったが案外あっさりと自分からコップで水飲んで…
数回横になったりコップの水をのみに行ったりを繰り返して
いつの間にか寝てくれた(笑)


4人目ともなればなれたもの。
特に力まず長い目で見て取り組んだので大変なことはほとんどなかったように思う。


まあ親も育てられてます(笑)
3女が育てやすい子というのもあるのかもしれませんが…


水含めた断乳してから4か月目に入るだろうか。
いつの間にか寝る直前までのコップの存在もなくなり
あっさり寝てくれるようになった。
まああっさりではないが…


昼間もたっぷり遊ぶのだが寝る直前もたっぷり遊んであげる必要が多々ある。
まったくパワフルな2歳児だ。

トイレトレーニング

3女がもうすぐ3歳になるのでそろそろ本格的にトイレトレーニングをと思って早半年。
なかなか進まない。


上の子たちもなかなかやる気がなかったので3歳過ぎたあたりにおむつがとれたと記憶しているのだが
この子はどうなることか。


始めた当初はお菓子でつってトイレに行って座るだけでいいよというところから始めたが
お菓子はあまり魅力的ではなかった。


そして虫歯になってしまったので中断してしまった...


時々はトイレに行くか聞いてみるが返事は決まってNOだ。


そのうちまたやる気を出すだろうと思い野放し状態になった。


それが約1か月前の朝、突然トイレに行くと言い出した。


トイレから叫び声が「でたよー!!」
いつものことで、また出てないのにただ言ってるだけだろうと思ったが
なんと!!大のほうがみごと出ているではないか。


本人もかなり喜んでいた。
みんなでお祝いして次に期待したが…


うちの子は皆同じで1歩進んで2歩下がる感じ(笑)
またトイレが嫌になってしまったようだ。


まあそのうちまたやる気出すだろう。


先週のこと。
たまたまトイレトレーニング用に買っていたパンツを見つけて
履きたいと駄々をこねたようで、履かせてみた。


もちろんおむつではなく普通のパンツなので超危険である。
しかし本人知ってか半日もらさずにできたのだ。


たまたまかもしれないが
たまに練習があってもいいと夫婦で話し合った。


少しずつトイレにも行って座るようになっているので
うまくいけば今年中にはおむつが取れそうだ。


焦らずじっと忍耐してとりくもっと。

小2長男の習い事 ピアノ

長男のピアノスタート!!


先週が本当のスタートのはずだったが行く直前に疲れて寝てしまったのだ(笑)
全く起きない状態...


ミニバスケットと同じ日で重なってるから大変だろうな。
でも本人は楽しみなのも知っているからやめたらとは言えない…


楽しみ半分、不安半分で興味はかなりあるようだ。
どんなことやるのか、何をやるのか、どのぐらいやるのか、
などいろいろと質問があったようだ。


すべて教えてあげると不安はなくなったのか満面の笑顔に。


学校から戻ると30分ぐらいで急いで宿題を終えて
ミニバスケットへ。


5:00ミニバスケット終了後帰ってきてすぐにピアノ教室へ向かった。
長女と一緒に車で送ったのだが車内でもいろいろ質問があった。
でも楽しみ―を連発していた。


友人の家の一室を借りてそこに先生が来てくれているところにお邪魔するのだが
私は子供たちを降ろしてから車内で勉強しながら待っていた。
1:30後に終了。外はもう真っ暗だ。


初めてのピアノレッスンを終えての長男は楽しかったようで
何をしたか聞かなくてもどんどんしゃべっていた。


〜ちゃんと一緒にやって楽しかったとか。
〜は難しかったけど楽しかったとか。
発表会に出た方がいいのかなとか。(まだまだそんなレベルではないのに(笑)))
次は何するのかな?とか長女に聞いたり私に話したり。


長女にもいい刺激になっているようだ。
自発的に練習するようになってきたのだ。


親が強制してやらせてはいないのでいい風が吹いていると思う(笑)


もちろんピアノ後は夕食もペロリですぐにぐっすり寝てくれました。
翌日の朝も疲れが残ってか遅起きだったのは改善の余地ありだな…


来週もミニバスケット後のピアノなので
ちょっとハードだが楽しくやっていこーね。

給食 お残しはゆるしまへんでー!

新学期始まって2日目には給食が始まり、
あらためて子供たちがいた時の昼食の準備は大変だったと実感している。


今までよく妻はやってくれてたなと感謝でいっぱいだ。


自分一人か夫婦と3女だけなら残り物で何とかなったが
3人の怪獣がプラスされると毎日しっかり毎食作る必要があるんだよなー。


栄養バランス考えながら朝食・昼食・夕食のための作り置きだったり
できるだけ部屋が暑くならないようなメニューを考えたり(オーブンは却下!!)
買い物や水くみのこと考えたりいろいろ主婦(主夫)は大変だ。
某新聞で言ってたけど、そりゃ年収2000万稼ぐ働きしてるね。


掃除や洗濯しながら他にもたくさんの家事をこなして
24時間無報酬とは頭が下がります。


学校に行っている子供たちは給食を毎日楽しみにしている。
給食を作る方々も仕事とはいえ栄養バランスを考えて毎日作るのはかなり大変だろう。


子供たちもその大変さは少しは分かっているようで
学校内でも給食を残さないということは強く子供たちも意識しているようだ。


長女のクラスは男女ともに食いしん坊が集合しているようだ(笑)
おかわりに参戦する人が多く今年クラスの残給食はゼロ。
見事に食べつくしているとのことだ。


隣のクラスは残ることがあるがその時には長女のクラスや他のクラスと協力して(笑)
給食を食べつくす努力がされているとのこと。


食べ物に不自由のない昨今。
食べ物を大切にしない子供も大人も増えているが
今学校でも食べ物を大切にすることを教えてくれていることは素晴らしいと思った。


給食のおばさん?お姉さんというべきか(笑)とも子供たちは仲がいいようで
なおさらせっかく作ってもらった給食を残さず食べて感謝することが生まれたのではないかと思う。


学校のみんなで学んで行うことは今の小学校はすごく集中してされているように感じる。
本当の意味でも学びの場を提供していただいている。
校長先生はじめ教師の方、他給食のお姉さんなどサポートしてくださる方に感謝です。


自分の何かで地域社会に貢献できることを探して実行したい。
町内会役員はやったのでPTAとかになるか?妻はPTAの役員しているけど私も何かできるかな。
探してみヨット。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。