給食 お残しはゆるしまへんでー!

新学期始まって2日目には給食が始まり、
あらためて子供たちがいた時の昼食の準備は大変だったと実感している。


今までよく妻はやってくれてたなと感謝でいっぱいだ。


自分一人か夫婦と3女だけなら残り物で何とかなったが
3人の怪獣がプラスされると毎日しっかり毎食作る必要があるんだよなー。


栄養バランス考えながら朝食・昼食・夕食のための作り置きだったり
できるだけ部屋が暑くならないようなメニューを考えたり(オーブンは却下!!)
買い物や水くみのこと考えたりいろいろ主婦(主夫)は大変だ。
某新聞で言ってたけど、そりゃ年収2000万稼ぐ働きしてるね。


掃除や洗濯しながら他にもたくさんの家事をこなして
24時間無報酬とは頭が下がります。


学校に行っている子供たちは給食を毎日楽しみにしている。
給食を作る方々も仕事とはいえ栄養バランスを考えて毎日作るのはかなり大変だろう。


子供たちもその大変さは少しは分かっているようで
学校内でも給食を残さないということは強く子供たちも意識しているようだ。


長女のクラスは男女ともに食いしん坊が集合しているようだ(笑)
おかわりに参戦する人が多く今年クラスの残給食はゼロ。
見事に食べつくしているとのことだ。


隣のクラスは残ることがあるがその時には長女のクラスや他のクラスと協力して(笑)
給食を食べつくす努力がされているとのこと。


食べ物に不自由のない昨今。
食べ物を大切にしない子供も大人も増えているが
今学校でも食べ物を大切にすることを教えてくれていることは素晴らしいと思った。


給食のおばさん?お姉さんというべきか(笑)とも子供たちは仲がいいようで
なおさらせっかく作ってもらった給食を残さず食べて感謝することが生まれたのではないかと思う。


学校のみんなで学んで行うことは今の小学校はすごく集中してされているように感じる。
本当の意味でも学びの場を提供していただいている。
校長先生はじめ教師の方、他給食のお姉さんなどサポートしてくださる方に感謝です。


自分の何かで地域社会に貢献できることを探して実行したい。
町内会役員はやったのでPTAとかになるか?妻はPTAの役員しているけど私も何かできるかな。
探してみヨット。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。