ブランコであわや大事故

3歳の3女と一緒によく散歩や公園へ遊びに行くのだが
今日は先日新たに発見した公園へ行ってきた。


ちょっと午前中は寒かったのだが
いつもの3女の手袋が見つからず、
仕方ないのでそのまま出かけた。


玄関出て角にあるマンションの小さい公園で道草し、
すぐの踏切で電車待ち、
100Mほど進んだ公園でまた道草。


寒いのか散歩中は普段あまり抱っこをせがまないのだが
今日は抱っこ攻撃あり。


何とか頑張って歩いてもらい予定の公園到着!!
今までは滑り台だけあったと思っていた公園が、
マンション入り口挟んで奥にブランコや他の遊具があるといった別れてるタイプの公園だったのだ。


おばあちゃん地の目の前にある公園でもいつもブランコに乗るぐらい最近はブランコが大好きな3女。
真っ先にブランコへ。


いつも通りに
「おとうさん!!おしてー。」って叫んで大はしゃぎ。
1回2回と背中を押すと何を思ったのか手を話し飛び降りるように前に1回転!!
大の字になってひっくりかえって大泣き。


幸いにも厚手のコートを着ていてしかも帽子つき。
回転した時に帽子がかぶったらしくけがはなかった。
上手に手をついてしかもきれいに素早い回転だったのでいい意味の受け身になったようだ。


本人は何が起こったのかよくわからずショックで泣いていたが比較的すぐに泣き止んだ。


きいてみるとブランコの鎖部分が冷たかったので手を放してしまったようだ。
前から手を離さないように教えていたがここは3歳児。
きっと忘れているのだろう。
体で痛みを学んだので次は大丈夫と思うが…


何事も経験だが
できることなら痛い経験はしてほしくないものです。
生きていくためには必要なことだけど…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。