ハローウィン

先月末にハローウィンパーティーがあり
子供たちは仮装して参加してきた。


あいにくわたしは仕事で参加できなかったが
いろいろ面白かったことがあったようだ。


長女はどんなことでも
だいたい理解したり考えたりできるようになっているので
これといって混乱はなく始めから終わりまで楽しめたようだった。


長男も楽しんできたようだ。
何も理解できないのがよかったようだ。(笑)


しかし問題だったのは次女。
楽しめなかったようだ。


いろんなことが理解できるようになってきているが
まだ不完全なところが多く混乱することが多々ある。


ハローウィンパーティーでもちょっとあったようだ。


わたしの両親もいてどこかに血のようなものを書く仮装をしていて
それを見た次女はびっくり。


怖がって近づこうとしない。


両親が次女のことを呼んでも妻の後ろに隠れて
がっしりと足をつかんで動かなくなっていたらしい。


でもトリックオアトリートのときには
ちゃっかりお菓子はもらっていたようです。


終わるころに
「おじいちゃんたち血が出ていてかわいそうだったね」
と一言。


怖かっただけでなくかわいそうで
そういうときの対応に困っていたというのが真相のようです。


子供がどんなことを感じて考えているのかは
本人に確認しないと
行動を見ただけでは理解できないことが多いですね。


もうすぐ一週間たちますが
いまだに血が出てかわいそうだったねーと
繰り返している次女でした。


次女のやさしさが今急成長しています。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。