パクパクパク?

食べる事が大好きな長男。

最近ハマっているのは「納豆」。
うちの子は皆納豆が好きなんです。

ねばねば系は免疫がつくとかで
我が家は納豆をよく食べる。

そのせいかまわりに比べて病気は少ないように感じている。

長男の話に戻って
妻がほとんどの長男の食事を食べさせる役になっていて
納豆はほとんど妻が食べさせる。

最初の一口では見たことがないのだが、
二口目いこうにある動きが見られる。

この動きがある時には妻は食べさせるのに一苦労である。

納豆のネバネバが口についてなのか
原因はまだ分かっていないが、
食べるときにかぎって
口をパクパクパクと魚のように小刻みに動かし
妻の出す食べ物にむかってくるのだ。

もちろんほとんどの食べ物は口の中には入らない。
というか入れない。

まだ理解するのがむずかしいようだ。
この光景を横で見ていて
父は毎回笑い転げている。
妻には悪いが...

パクパクパクーーーエサよこせー!!

ボタン!!だっこ!!

昨日の長男と妻のやりとり。

約束の時間に間に合うように出かける準備をしていた妻。
残るは長男の着替えだけになった。

長男は長男で妻が準備しているあいだ
忍耐してわたしに抱っこしていた。

さあここからが面白いところである。

ボタンがついてるシャツを長男に着せ
すぐに出かけたい妻はボタンをしめようとボタンに手をかける。

妻の考えとは裏腹に長男はボタンをしめるその手が
自分を抱っこしてくれるものだと勘違いしちょっと怒りながら
妻がボタンをしめようとしている手を振り払い
自分を抱っこしろといわんばかりのしぐさをした。

妻は妻で約束の時間が迫っていたので
早くに長男のボタンをしめて出かけたい。

でも長男はだっこして欲しい。

数回ボタンをしめようとする。
その手を払いのけ抱っこをせがむを繰り返した。

妻には悪いが
長男を抱っこしていたわたしは
そのやりを見ながら漫才のようで笑ってしまった。

将来は母子漫才をやるとかなりうけると思う。
売れっ子親子間違いなし!

パイナップルいただいちゃった

次女の面白言葉のコーナー

同じ町で15分ぐらいのところに住んでいる、
実家の両親が遊びに来て帰るときにそれの言葉は表れた。

おすそわけをもらったので
ちょうどパイナップルを切っていたのがあって
しかもおいしいパイナップルだったので
お返しに持ち帰ってもらった。

次女は果物が大好き。
フルーツなら何でも食べる。
パイナップルをあげたことがちょっと悲しかったのか
母が帰り際に
「じゃあ頂いていきます」といって
ドアを閉めるのとほぼ同じタイミングで
「パイナップルいただいちゃった」と
口をとんがらかして残念そうに次女の一言。

夫婦で爆笑してしまった。
言葉が発展途中の次女は今一番面白い。

また今度かってくるからしばし我慢してね。

続アトピー報告 軟膏

アトピーの次女。
新たな改善方法を試してもうすぐ1ヶ月。

今回試しているのは
某エッセンシャルオイルの会社が扱っている
オーガニックのローズ入りの軟膏。

次女の体で一番アトピーがひどかった部分の右手首。
5センチぐらいのがさがさのかさぶたが混じった肌だった。
かさぶたをかきくずしてまた血を出して
またかゆいからかきくずすの繰り返し。

毎晩寝る前にオーガニックの軟膏を右手首に塗って
寝てる間にかかないように包帯をした。

毎日続けるのはけっこう努力が必要でした。

おかげでかさぶたはなくなって
つるつる肌が見えてきた。

まだ完全ではないのでもう少し続けるが
そろそろ包帯はいらないかもしれない。

次とりかかるのは両方の膝裏。

女の子なのでスキンケアはちゃんとしてあげたい。

夏祭り

今日は長女の行っている幼稚園で夏祭りがあった。
が、今年の夏は終わったかと思われるほど
今日は寒くてほとんどの人は厚着をしていた。

半袖の人は数人しかいなく、
子供たちもみな寒そうだった。

なれている幼稚園の敷地内ということもあり
開始早々に長女は姿を消した...

私はスーパーボールつりの担当だったので
スーパーボール売りのおじさんに変身。

私の隣のおじさんのところで
次女はつったらしいのだが、
一人2個までのところ黙々といつまでも取り続けていたらしい。

長男は鼻水をたらし寒そうにしていたので
半分は建物内で物色。

長女はいろんなことに好奇心があり
今日の一番はスイカ割。

同じクラスの子は何人か嫌がっていたが、
長女は我先にと手を挙げて進み出ていた。

目隠しされて準備完了!

棒を持って合図とともに歩き出した。
1歩。2歩。3歩。
ぐんぐん進みダントツの一番でスイカに到着。

一回目は空振り。
すかさず二回目は大当たり。
楽しかったのか嬉しかったのか
続けてもう一回スイカに一撃。

一回までだよの声が聞こえて動きは止まったが
目隠しを取ったときの顔は実に満足そうだった。

いろんな表情が見られるようになってきた幼稚園児。
これからも成長が楽しみです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。