朝食×?昼食○?

今日から幼稚園の夏休みになった長女。

幼稚園に行くようになってから
食生活に変化があった。

というのは
以前は朝目覚めてすぐになんでも食べる事ができたのに
幼稚園に行くようになってからは
朝ごはんがほとんど食べられなくなった。

幼稚園に行く緊張感があるのだろうか?
原因は全く分からないのだが、
好きなメニューでもいつもの半分も食べてくれない。

朝食は脳の活性化のためにも食べて欲しいのだが...

はたまた昼食は
朝食の分も一緒に食べますってぐらいの勢いで
早さも量も食べまくる。

朝食時はほとんどが一番最後まで食べているのだが、
昼食時には一番最初に食べ終わる事が多い。

幼稚園には弁当を持っていくのだが
やはり幼稚園でもぺろりとあっという間にたいらげるらしい。
弁当の量も他の子に比べちょっと多めとか。

おかげで身体測定の結果は
ちょっと太っている方に入っていた...
贅肉はついていないので
肥満体ではないと思うのだが注意しないといけませんね。


食事のバランスも考えてあげて
今から健康についての良い習慣をつけてあげたいものです。

ちなみに長女は三角食べなるものができない性格らしい。
ご飯ならご飯だけを黙々と食べる。
味噌汁なら味噌汁だけ食べる。
おかずも食べ始めたら他のものに見向きもせず
なくなるまで集中。
なくなったら他の皿へ移動する。

何度か教えたのだがこれは性格的なものなのか?
遺伝なのか?

きくところによると
妻も子供の頃は長女と同じで三角たべができなかったらしい。

これは間違いなく妻からの遺伝だ。

忍耐して
三角食べも教えていかなくては...

パソコンおばけ

我が家の子供部屋は三分の一を私の仕事場に使わせてもらっている。
ノート型のPCを仕事場に置いて使用している。
普段は居間のデスクトップPCを使用する。

週何度か数時間外での仕事のために出かけるのだが、
子供部屋のPCをつけっぱなしで行く事がある。

するとメールの受信などで
カチカチという音や警告音がたびたび聞こえる。


時々一人で遊ぶ事が多い次女。

先日、私と二人でお留守番しているときに
なぜか次女は口をとんがらして居間で遊んでいたのだが
話してみると隣の子供部屋で遊びたいらしい事がわかってきた。

遊んでくるといいんじゃないの?
というと
「だってパソコンおばけがこわいんだよー」と次女。
「パソコンおばけ?おばけなんていないよ」とわたし。
「カチカチ音がしているから怖いんだよー」と次女。

一緒に子供部屋に行って二人で遊び始めると
パソコンおばけのことはすっかり忘れて楽しんでいた。

そのまま私はPCを使って仕事を始めて
次女は一人で遊んでいても
パソコンおばけは気にならなくなったようだ。
近くに誰かがいればそれでよかったのでしょうか?

大人では考え付かないことを
子供は感じたり考えたりするんですね。

毎日が発見です。

ウェーン!!

我が家の子供たちの毎日はほとんどが
NHKの教育番組で始まる。

昨日一才になったばかりの長男も一緒に
テレビにかじりつく。

でもそこは一才児。
オープニング・エンディング以外には興味がない。
歌が多い番組なら最後まで見入ることもあるが、
あきやすい月齢である。

そんな長男に強敵出現!!

いつものようにテレビを見ながら遊んでいた長男。

わたしのきもちという番組の中で
顔の体操というのがある。

前奏が流れると
長男いわく?突然ある人の顔が現れる。

以前はベッキーと交互でやっていたのだが
最近はずっと同じ人がやっている。

その人の名前は
的場浩司。

最初の出会いは2週間ほど前。
突然大泣きで私にしがみついてくるから
一体何事かと思っていたら
的場さんの顔が怖かったみたいだった。

いつもはテレビの前に陣取って
俺の縄張りだといわんばかりの態度なのだが、
しばらくの間、その場所からは離れていた。

先週またまた合間見えてしまい
前回よりもひどく怯えて大泣きしていた。

がっしりと私にしがみついてしばらく放心状態。

それからまたしばらくの間
テレビの前にはいけなかった長男です。

弱虫に育ってしまわないように
いろんな経験をさせたいが、
それはそれで長男のいいところなのでしょうか?

的場君はいつ克服するのか楽しみではある。

キャンプでの出来事

しばらくぶりに戻ってきました。


先週末の3日間家族で洞爺のほうにキャンプに行ってきた。
子供たちはキャンプというものを知らないのに
キャンプわーい!といった感じで
いく前の日からハイテンションだった。


次女はぽてるいく?とか聞いてくるし、
長女は何度となくキャンプ楽しみだねーと聞いてくる。


できるだけ退屈しないようにと
遊べるものを持っていったのだが、
そのうちの一つ、
シャボン玉をしているときのこと。


始めは二人で同じものを使って
シャボン玉をストローのようなもので作って遊んでいた。


大きいものを作ったりいっぱい作ってあげようと
ちょっと大き目のものを使って私もシャボン玉を始めた。


大きいのを作ってあげると二人とも大喜び。
でもすぐに次女が割ってしまうので
長女はちょっとご立腹(笑)


私がやっているのを見てまずは長女がやりたいといってきた。


意外と上手に大きいシャボン玉を作ってのけた。
肺活量もあるようだ。


負けじといつものように次女も参戦。
気合十分で長女に変わって次女がシャボン玉を作り始めた。


スーっと息を吸い込んで
息を吐いた。


ッフーーーーーー!!!
力みすぎたのか息を吐いたと同時に
下のほうから
ブーーーーーーー!!?


本人は何が起こったのかわかっていないようだったが
長女と私は二人でしばらく爆笑していた。


次女も案外器用でした…


キャンプのおかげで早寝早起きの習慣がつくらたようで
妻は喜んでいます。


他にもカエルや最近見られなくなったトノサマバッタ、
テントでの宿泊、
いろんな経験をして我が家の子供たちは
またまた大きく成長したようです。


帰ってくる車の中で、
次女が
オトウチャンまたキャンプ行こうね。
と言っていたが、
今年は無理かな。


来年を楽しみにしていてね。
次回だったら
虫取りや釣りなんかもできる年になっていると思うので
来年がちょっと楽しみです。


一つだけ虫にさされなければ良いのですが...
注意して虫除け対策をしていたのですが、
キャンプファイアーをしたときだけ忘れてしまい
お陰で両足のふくらはぎに30箇所ほど刺されています。


しかも家族では私だけが虫に好かれているようです。
子供たちは無傷。


父ちゃんは家族のために体を張ったのかな?

ハッピーバースデー大好き!

昨日はわたしの父つまり
うちの子にとってはおじいちゃんの誕生日だった。


前日から長女も次女も
「あした、おじいちゃんのたんじょうび?」と
何度も何度もきいてきた。


それほどお祝いするのがすきなんだと思っていたのだが
実はちょっとちがっていた。


お祝いに食べるご馳走がお目当てかと思いきや
一番楽しみにしていたのは
ハッピーバースデーを歌った後。


ろうそくの火を消すのが楽しみのようだ。
おじいちゃんが消した後に
当たりまえかのように待っていて
二人とも一本ずつろうそくの火を消して満足そうだった。


同じときに先々週1歳になった長男は何をしていたかというと
ろうそくを消した後に出る煙を見て
エキサイティングしていました。
一生懸命触ろうと頑張っておりました。


もちろん火遊びの後は
ケーキを食べこの時間も楽しみだったのは言うまでもありません。


普段は好んで食べないイモ類も
スイートポテトに変身するとバクバクと食べていた長女。


それに負けじと体中で一生懸命真似をして食べている次女。


一人マイペースで遊びながら食べている長男。
実に面白い図でした。


お腹いっぱいといって食事は食べられなかったのに
デザートになると食事の倍以上もお腹に入ってしまうとは。


子供のお腹の構造は一体どうなっているのでしょうか?
食べ過ぎてお腹が痛いということもないので不思議でたまりません。


うちの子が特別に強いお腹を持っているのかとも考えてしまいます。
いいような悪いような....
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。