キナコ

多くの言葉を覚えてきた長女。
しかしまだ4歳なので間違って使ったりする事があったり
いろいろ会話は面白い。


親子の会話で"おはぎ"が話題になったときのこと。


「キナコのおはぎ知っている?」と妻。


「キナコ?知ってるよ。」と長女。


しばらく間があって


「キナコ?キノコでしょ?ハハハハ」と長女が言った。


本気で冗談でキノコをキナコといっていると思っていたらしい。


言葉を教えるのも面白いものですね。


もちろんその後は"キナコ"を見せてこれがキナコだよと教えました。


娘よまだまだ面白い言葉を連発してください。(笑)

へーッション!!

いろいろなことを覚え始めている長男。
顔真似などもできるようになってきた。


2週間ほど前に
アレルギー性鼻炎がある私はよくくしゃみをする。


そのくしゃみをしていたしぐさと音が好きだったのか、
くしゃみをするたびにけらけらと笑っていた。


何度か目をつぶってくしゃみをするふりをすると笑っていたので、
試しにやってみるように言うと


なんとやってのけたのだ。


一生懸命小さな目をつぶって、
「ヘーッション!!」


自分でやって笑ったいる始末だ。
それを見ていた親もおねえちゃん二人も大爆笑だ。


それ以来、
よっぽどくしゃみが気に入ったらしく、
一人で遊んでいるときにもやっていたりする。


外出してもいろんなところで突然やり出し笑いを誘っている。
将来は芸人か?


「ヘッヘッヘーッション!!」
いやー可愛いです。


交通事故

最近子供の事故がニュースになることが増えている気がする。
悲しいニュースだ。


昨日、我が子も事故にあいそうになった。


子供の考えを理解して安全について教える事が、
いかにして根気のいることか思い知らされた。


外出することを次女と約束していたので
次女と外に出て友人を待っていると、
焦って出てきた長女は周りが見えずに私達を追いかけて
道路に出た。


走ってきている車の前に。


幸い車は止まってくれたが、
目の前で娘の事故を見るところだった。



当の本人は何もなかったように連れてってとせがむ。
危なかったことを教えるが、
理解はできていないように感じた。


その晩に人形や車のおもちゃを使って楽しく
交通安全について教えた。


が、まだまだ教え続ける必要があるようだ。
親としての責任は忍耐が必要ですね。

ポテル?

先週久しぶりに家族で遠出し、
ホテルに泊まった。


チェックインした後で外出したのだが、
2歳の次女はホテルがよっぽど気に入ったのか
早く帰りたがって一言。
「早くポテルに帰ろうよー!」


何度教えても「ホテル」と言えず、
毎回毎回「ポテルに帰ろうよー」


そのたんびに「ポテルじゃなくホテルだよ。」と教える私。
それでも「ポテルに行こうよー」


漫才をやっている気分だった。
隣で妻は大笑い。


ホテルに帰りたかった理由は、
大きなお風呂。


風呂好きなわが家の女性人。
ホテルに帰ると0歳の長男を私に預けて3人で行ってしまった。


長女がいくつかあるお風呂に入るたびに「次はあっち」と
結局は全部に入ってきたみたいだ。


帰りの車では「ポテルまた行こうね。」と次女。
もうポテルでいいや。


ばれる?

まだまだ朝晩は肌寒い日が続いているが、
昼間は半袖でもよくなってきた。


暖かい時間帯に幼稚園に行く長女。
習慣からなのか出かけるときに必ず探すものがある。


それは上着だ。
「今日は温かいからいらないよ。」といっても
頑固者でなかなか納得しないようだ。


今朝は妻が
「今日は晴れているから上着はいらないよ。」
というと、
「バレテル?」


何か秘密があったのだろうか?
まあただの間違いだとは思うが、
言い方が面白くて夫婦で笑ってしまった。


旅行にいっていて久しぶりの幼稚園。
嬉しくて朝食もあっという間にたいらげた。


でも幼稚園に行き
玄関で先生が話しかけてきても
ボケってしていた。


まだ眠気や疲れがあったのだろうか?
普段とは違い静かな幼稚園の朝だった。


何かバレタのだろうか?(笑)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。