おとしたよー

食事時になるとそわそわと忙しくなってくる長男。


台所からテーブル・リビングを行ったりきたり。


えさを求めてほえまくることも多い。


いすに座らせていざ食べる時になると
スプーンをよこせといい
自分で食べようとがんばってみる。


自分でやることがうれしいようだが
もちろんいつまでたっても口には何もはいらない。


長男用の器に少しだけ白米やおかずを入れてあげると満足するので
わたしと妻で長男にえさやりをする。


長男はずっと自分で持ったスプーンで
器をたたいたりつついたりする。


ときどきスプーンに食べ物がついたりすると
うれしそうに自分で口に持っていく。


もちろんだが長男の座るいすの下には
長男が落とした食べ物のざんがいが....


それを見た3歳の次女が
落としてるよー!!
だって。


それを聞いて
ちょっと待てよと思った。


いつの間にか次女は
ほとんど床にこぼさずに
上手に食べられるようになっていたことを発見した。


次女も成長しているのだ。


次女と交代で長男がこれからは散らかし役。


そんな長男は最近やっとスプーンよりも
食事するときにもっと使いやすい道具を発見した。


多くの赤ちゃんが最初に使う”ドウグ”と同じで
手づかみである。


しかもまだへたくそなので
そこまで手を押し付けるかと思うほどに
口に手をぐいぐいと押し付けている。
が、かなりの確立で口に入らない。


次女に比べると長男は忍耐があるのか
楽しみながら食べている。


ぐちゃぐちゃの手でおいしいおいしいと
ほっぺたをたたくのが困るところである。


子どもの成長は楽しいですね。

長男の断乳開始



第三次断乳戦争が始まった。


今回は手ごわい相手になりそうな予感がする。


長女は母乳よりもミルクを好んだのであまり大変ではなく
次女の場合も牛乳が大好きだったので母乳の代替は成功した。


しかし長男は牛乳もあまり好まず
機嫌が悪くなったり眠いときには母乳を求める。


男の子だからなのだろうか?


上二人の場合は寝る直前に
食べ物を与えておなかを満たしてから寝せる方法を取り
大成功だったのだが
長男はいくら食べても最後はおっぱいがいいようだ。


昨日秘密兵器が投入された。


それがこれ




おしゃぶりは歯並びが悪くなったり
いろいろ他にもよくないということを知っているので
つかってなかったが
断乳に効果があればと出してみた。


長男よりも手ごわい次女がおしゃぶりを奪おうとがんばっている。


次女の断乳児はおしゃぶりを嫌がったのに
今はちょっとしたあこがれみたいなものがあるようだ。


長男はというと
ほとんどおしゃぶりを口に入れず
おもちゃとしていじっているだけである。


今回のこの秘密兵器は失敗のようだ。


それでも3日に一回ぐらいは
おっぱいなしでも寝られるようにはなってきた。


父の子守唄攻撃もときどきは成功しているが...


妻と長男の断乳戦争はまだまだ続く。

長男の趣味??

わたしたちが住んでいる場所は雪が降り始め
冬真っ最中。


寒くなり家の中では厚着をするようになってきた。


今年は初めてのことなのだが
わたしの足がやけに冷えるので靴下を履いて
スリッパも履くようにしている。


カーペットが引かれているところでは
スリッパを脱ぐのだが
それを見るとすぐに長男が行動を開始する。


何をするのかというと


わたしが脱いだスリッパをご親切にも
わざわざかたほうのスリッパだけ持ってきて
わたしの足の上にぽんとおくか
ちっちゃい手でスリッパをぶんぶんさせながら
アウアウアウアウアーーーー!
とスリッパをはけと言ってくる。


長男が持っているスリッパに
わたしの足を引っ掛けるように履いてやると満足して静かになる。


しかし数秒するとタッタッタと足音が...


長男がもうかたほうのスリッパを持ってくる足音。
もちろん先ほどと同じようにアウアウアウアウーーー!!
と何かを叫びながらスリッパを突き出す。


わたしがスリッパをはいてやると
大満足でいい笑顔を見せて去っていくのである。


カーペットではスリッパをはかないので
わたしはまたすぐにスリッパを脱いでおいて置くのだが
長男はよく見ている。


間髪いれずにすぐに飛んできて同じ繰り返しだ。


本人は喜んでやっているのだが仕事中は困ってしまう。


まああの笑顔を毎回見られるなら大目に見ようか...


おそらくそろそろ脱ぎっぱなしでかわいそうなスリッパを持って
長男が現れるころではないだろうか。

サンタへのお手紙From長女

ひらがなもカタカナもすらすらと書いてしまう4歳の長女。


読むのももちろんできてしまう。
4歳前から読み書きができるのはすごいらしいが
本人はもちろん親も特に早いとは思っていない。


興味があったので教えただけである。
漢字にも興味があるのでときどき質問をしてくるので
教えてあげる。


いろんなことに興味がある長女です。


そんな長女もサンタへのお手紙を書いた。


小さな名刺サイズの大きさで
だれだれからと欲しいプレゼントと
サンタさんへ
の記入できるスペースは少ないカードになっていた。


テレビを見ながらあのおもちゃが欲しいとか
クリスマスにはアレが欲しいなーとかいろいろ言っていたので
だいたいおもちゃが欲しいのだろうと思っていたが
サンタの手紙を見てびっくり。


かわいい長女の字で
    サンタさんへ
   欲しいもの  てぶくろ
       長女の名前


テブクロ?


そんなにいつも寒い思いをしているのかな?
十分暖かな手袋のはずなのに
なぜにテブクロ?


妻と二人で
なんか欲がなくてかわいいねと話していたが
なんともいえない疑問が残ったので
早速本人に聞いてみた。


○○○(長女の名前)はサンタサンからテブクロが欲しいの?


うん。と長女。


テブクロ持っているけど欲しいの?


違うテブクロ。お嫁さんとかプリンセスがしている白い長いテブクロ。


テブクロの意味が分かった。
なんという名前なのか分からないけど
その長い白いテブクロが欲しいようだ。


しかし...
今の長女のクリスマスプレゼントには...


ちょっと考えてしまう父でした。

今日で5歳!

いつまでたっても赤ちゃんだと感じていたが
いつの間にか長女は今日で5歳になった。


いろんなことができるようになり
いろんなことを考え行動できる長女を見ていると
成長が感じられてうれしくなってくる。


言葉のやり取りができる喜びや
幼稚園から帰ってくると一生懸命話しをしてくれる時間の楽しさ
お手伝いを喜んでしてくれたり
長男と遊んであやしてくれる姿など見ると
子育てしていてこんなにも幸せなんだと実感する。


正直大変なこともあるが
夫婦に子供たちが加わってからの時間は
喜びいっぱいの時間であることが多い。


子供たちに特に今日は長女に感謝の日です。



夕飯はちょっとした長女の誕生日パーティーだった。


わたしの両親を呼んで一緒に食事をして
歌を歌ってケーキを食べたり
楽しく話しをしてゲームをして過ごした。


今日は長女の大好きなメニューをいろいろ作ってみた。


わたしの母には長女の大好きな手作りのハヤシライスとポテトサラダ
我が家ではミートボールとジャガイモのミルクに
そしてもちろんケーキ(ハート型のチョコレートケーキ)もつくった。


今回は妻が忙しかったのでケーキを妻が作り
そのほかはわたしが準備した。


両親が来て食事が始まると
長女と次女は黙々とほとんど何もは話さずに食べるだけ。


いつもよりもちょっと遅い時間になってしまったので
二人とも腹ペコだったのです。


驚いたのはそれだけではなく
いつもならご飯いっぱいも食べない長女が
手作りのハヤシをおかわりし
いつもの倍以上も夕飯を食べたのだ。


最初の一口?だったと思うが
食事が始まったと思ったら長女のお皿にあったはずのミートボールが
2個とも姿を消していた。


けっこうおおきいものだったのに一瞬でなくなっていたことに
皆大笑い。


その後もほとんどしゃべらずにハヤシライスをかんしょくしていた。


妻の実家の両親とおじさん家族からも手紙とプレゼントが届いていて
嬉しそうにしていたが
プレゼントよりも音楽が鳴るカードのほうがうれしそうだった。


大きな声でメッセージをなんども読んでは
音楽を聴いてうれしいなーといって喜んでいた。


もちろん食事をおなかいっぱい食べても
多いなケーキを食べたことは言うまでもない。


他にもお菓子やようかんも食べるほど今日は食欲がすごい日だった。


いったい今日の長女のおなかはどうなっているのだろうか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。