絶好調のやる気

もうすぐで10ケ月になる長男。
今まで嫌がっていたハイハイを楽しむ事が多くなってきた。


ハイハイの体勢からお座りもいつのまにかできるようになっている。


寝返りもそうだったが、
ヤル気になればすぐにできるのにペースが遅いようだ。


座りながら移動することが多かったが
ハイハイでの移動も加わり範囲が広がった。


今までの感覚で届かないだろうと思って安心していると、
かなりの広範囲まで手が届くようになっていて、
いたずらされている事が増えてきた。


また長男対策で模様替えや壁を作らなくては....


言葉もいろいろ出始めている。
「アバーバーン」「アダーダン」のように聞こえるが、
おそらく母親を呼んでいると思われる。


ますます面白くなってきています。

オムツ

なかなか進展のない次女のオムツトレーニング。
進んでは後退の繰り返し。
焦りは禁物なのは分かるが...困ったもんだ。


数ヶ月で3歳になるのでその頃に取れるようにというのが今の目標だ。
次女のオムツトレーニングについて妻に話すと
「長女の時にもすごく心配してたよ」といわれた。
毎回全ての子供のときに心配するのだと思う。


長女のときは全く駄目で
しかもトイレが怖くなってしまうほどだった。
かなり失敗のトイレトレーニングをしてしまったので
反省して次女に取り組んでいるのだが...


ときどき長女のオムツが外れたことと同じようにやってみたらと
冗談で言うことがある。


それは長女の場合はかなりの例外だからだ。


なんとディズニーランドに行った日に始まった。
朝から行ったのだが完璧にトイレを教え大も小もトイレでできた。


それ以降ほぼ完璧に家でもオムツいらずになった。


家族を連れてディズニーランドに行くのは今はちょっとねー。
オトウチャンの稼ぎしだいなので頑張りますよ。

長女は天才?

久しぶりに4才の長女と一緒に本を読んだときのこと。
自分で読めるからと長女が声に出して読み出した。


カタカナもひらがなも読めるのは知っていたが、
まさか"は"の違いを理解しているとは驚きだ。


「わたしは、・・・・・」の文章の"は"、
"HA"と"WA"の二つの読みができるのはご存知と思いますが、
お恥ずかしながら自分が違いを理解したのは
小学校に上がってからだと思う。


誰が教えたわけでもないのに
いつの間にか理解して使い分けているようだ。


子供の成長には驚かされることばかりだ。


字が読めるのが面白いようで、
一人でいるときはよく読書をしている。


長女の真似をして、2歳の次女も本を読む。
が、読むフリだ。


本は逆さまなのにごにょごにょと何かを言っていたりする。
自分も読める気分を楽しんでいるようだ。


親はなくとも子は育つときいた事があるが、
ちゃんと親として子供にいろんなことを教えてあげたいナー。


子供に追い越されないように時間見つけて社会勉強をしないと。

赤ちゃんの成長

先週やっとヤル気を出しハイハイを始めたもうすぐ10ヶ月の長男。
ハイハイからのお座りへの進化も覚え、次の段階に進んでいる。


伝え歩きをし始めたのだ。


実に困ったもんだ。嬉しいのだが...
まだまだ先だと思っていた伝え歩きの進歩が早すぎる。


挙句の果てには
手放しまでもしている始末。


まさか来週には歩くのでは?
と思わせるぐらい伝っている。


先週にはいけなかったエリアに行けるので、
本人は楽しいらしいが、いろいろいじってくれちゃうので
目が離せない。


ヤギのように紙を食べていることも多い。
ティッシュペーパーをとることに快感も覚えているようだ。


静かになったときが要注意。
この頃から知能犯だ。
私に似たら上手にいたずらをするのは必至だ。(笑)


子育てをしながら親への感謝は毎日つのるばかりだ。
父さん母さん、
大変だったと思うけど私を育ててくれてありがとう。

小さい食いしん坊

次女が離乳食を食べ始めた頃、
私はこいつはかなり食うなー。
と心配したことを思い出す今日この頃。


理由は現在離乳食真っ最中の長男だ。


食事時になるとぐっすり眠っていたはずがなぜか目が覚める。
自分用の特別メニューも嫌がるようになり、
皆と同じものを食べたいと文句するようになってきた。


夕食のためにたこ焼きを準備していると、
次女がお腹すいたとぐずり始めたので
一人だけ早くに食べさせていた。


たこ焼きを調理することに集中していて、
次女がなにをしていたのか気づかなかった。


泣いていた弟に自分のたこ焼きを分け与えていたのだ。
お腹がすいて泣いていたのか分からないが、
長男は満足して数回たこ焼きをもらったみたいだ。


まだまだ離乳食を食べている長男には早すぎのメニュー。
しかし、すでにたこ焼きの味を知ってしまった赤ん坊は、
アーアーと勢いが止まらない。


自分専用の食事は嫌がり、
飲み物も嫌がり、
泣きまくった挙句たどり着いたのは、
さっき食べてたたこ焼き。


仕方ないかとあげてみると、
かなり満足げに食べていた。


次女には弟にえさを与えないように教えたのは言うまでもない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。