習い事C

2歳の3女の習い事は…


家では体力を持て余しているので
体を動かして遊べるもので同じぐらいの年齢の友達もできて社交的になるところで
妻といろいろ探し話し合ってみた。


歌や踊りも好きなのでダンスとか
絵を描くことも好きなのでえの教室とか
公園の遊具特に鉄棒が好きなので体操教室とかいろいろ考えた。


金額的なものと教室の場所などいろいろ考慮した結果
以前上の子たちが行っていた幼稚園のプレ教室があることが判明し
そこでいろいろ体験することにした。


毎週1回で1時間ほどだが
いろいろ体験できるのはありがたい。
同年代の子との交流もできるのでいいことばかりだ。
まあ発散して疲れてくれることを願う(笑)


いざプレ教室に行ってみると
初めは人見知りが出てしまってなかなか友達の中に行けない3女。
少しずつなれてきて楽しんできたようだが
本領発揮はまだまだだ。


数か月たったころには
自分から「これから幼稚園(プレ教室)に行くんだーっ」と楽しみに叫ぶように。


読み聞かせや歌の時間が楽しいみたいで
私の知らない歌をよく口ずさむようになってきた。


おしゃべりにも拍車がかかり
まあよくしゃべる。


これでシャイなところがなくなったら大変なことになるかも。
家ではやかましいぐらいなのに外では静か…


外ではしゃいで家で静かになってくれたらいいのになーと近い将来に期待(笑)


まあ外でいろいろやらかすのも怖い気がするが…


子育ては楽しいなー!!


夏休み最後の楽しみ

夏休み最終週。


多くの家でも子供との格闘が続いているのではないだろうか(笑)
夏休みの宿題だ。


今回はいろいろと盛りだくさんの夏休みを計画していたので
初めからはっぱかけて早めに終われるものは自分で計画して終わらせるように言っといた。


日記とか音読とか毎日やる宿題は日々やるとして
自由研究だったり読書感想文はいつやるのかそれぞれ自分たちで考えてもらった。


小6の長女はしっかり者で計画通りに進めて行った。
昨日には最後の宿題だった自由研究も終わった。
今回は家系図を説明付きで模造紙に書いていた。
長女から数えて9代前まであった。


小4次女はのんびり屋。
一見ぼーっとしているように見えるが最近変わってきた。
ラジオ体操も自分から起きて準備するし、一人だけ皆勤だった(笑)
目標があると頑張れるようだ。
ちなみにラジオ体操ではお菓子がもらえた。


小2長男は…
次女よりものんびり屋。
まだまだ幼さが残りなんどいってもぼーっとしていることが多い。
小2なので宿題は少な目。
日記以外は最初の週で終了していた。
キャンプに行くために宿題を終わらせた(笑)
長男も明確な目標があれば頑張れるようだ。


そんな子供たちに夏休み最後の楽しみが。


温泉とプールが楽しめる施設へ行くことにした。
月初にキャンプに行ったときに温泉に行く予定だったが
いろいろあっていけなかったのだ。


次女は温泉に行くのをすごく楽しみにしていたようでがっかり感が半端なかったのです。
親として子供をがっかりさせることはしてはいけないと思っているので
夫婦で話し合って計画を練った結果、夏休み平日最後の日に浦安の大江戸温泉に連れて行くことになった。
仕事や勉強など調整が大変だったが、子供たちが楽しめるのは今だけだから
そこは親として頑張ってみましたよ(笑)


もちろんすべての宿題が終わって
さらに月曜日の学校に持って行く者の準備も終了すること。
また、我々親が集中して仕事と勉強などを片づけられるように率先してお手伝いをすること。
他色々やるべきことを話し合い、子供たちにも協力してもらって何とか行けるのかな?


次女もついさっき最後の宿題が終わったみたいだし、
さっと食器洗いもしてくれたし、
残りは仕事を片付ければいいだけだな…


がんばるぞー!!

浦安大江戸温泉に行ってきた

夏休み最後の楽しみ!!


宿題を終えて学校の準備も終えたら行くよ!!と約束して
子供たちが行きたがっていた浦安の大江戸温泉に行ってきました。


宿題はもちろん終わらせること、
そして、家のお手伝いを頑張ることが条件で行けることとしていたが
子供たちは協力していろいろ手伝ってくれた。


仕事の都合上昼食後になってしまったが
子供たちは楽しみでいつも以上に機敏な動きをしていた(笑)
手伝いのスピードが速かったなー。


浦安の義弟のとこに渡すもの渡して
さー今日のメインへレッツゴー!!


????


カーナビに住所入力すると現地まで5分かからず?


義弟宅からこんな近くにあったとは驚き。
いとこは近くていいなーと子供たち。
無料だったら頻繁に来るが金がかかるのでそんなに来ないよー。
と教えてあげても心はすでに温泉モード。


あっという間に到着。


プールがついてると勘違いしていた次女は
朝改めてHPを確認した私の言葉で絶句していた(笑)


泳ぐ気満々だったようで
がっかり感半端なかった。


温泉も好きなんだがプールで思いっきり泳ぐことが夢だったようだ。
しかも家族の前で泳げるのをアピールしたかったのかも。


まあ温泉だけでもいいかと次女も何とか納得して中へごー!!


受付でうちの後ろにいた家族で
「えーっ!!プールないの?ぷーるないの?」
どこかで聞いた内容だ。


どこの家庭でもプールがあると思ってくるようだ(笑)


温泉入る前にまずは水着混浴エリアへ。
私は長男と男湯から待ち合わせ場所へ行ってみた。


?プールとはいかないが子供なら泳げそうなところがちらほらあるではないか。
そんなに深くないがこれならと思っていると
女性陣合流!!次女の喜びようは言葉で言い表せないぐらいだった(笑)


10か所までないか。
水のところと温水のところとあり
肩までつかれるところから膝までぐらいのとこまであり
足湯だけ楽しむとこもあった。


若干肌寒い感じだったが子供たちは寒さなぞ感じていないのか
よろこんで水の中で遊びまくっていた。


滑り台とボールがあるプールで大半を過ごして
次女と長男は滑り台も楽しんで大はしゃぎ。


大変だったけど一緒に来てよかったと夫婦で観覧。


3女もプールの中でいがいと楽しんでいた。


途中寒くなってきたので私だけ先にお風呂エリアへ。


一通り回ってから戻って来るとまだ遊んでいる。
一度温泉に行って冷たいものでも食べようということになって
男女別れて温泉へリアへ。


長男は飽きやすいので温泉に来ても烏の行水状態。


すぐにもう出ようと言い出すのだが
今回は違った。


サウナ以外はほとんど入ったのではないか。
私の方がのぼせ気味になってきてそろそろ出てまだ入りたかったら後で来ようということにした(笑)


着替えて食事エリアへ。


女性陣よりも先に出たので二人だけでまずは牛乳だ!!


私はノーマルの牛乳で長男はフルーツ牛乳だ。
うまい!!


一通り食事処を見て回って休憩しているところに皆合流!!


5時半だったが夕飯を食べることに。
みな遊びまくっておなかがすいていた。


だれも残さず食べきった(笑)
その後はソフトクリームを食べに移動!!
みな満足。のんびりの時間。
黒蜜黄粉の人とメロンソーダ、バニラソフトと3種×2個になった。
体も涼しくなったところでそろそろ帰ろうかという話になったが
数名まだいたいとのこと。
時間を教えるとすぐ納得して帰路に着いた。


車の中でも楽しかったねーと満足な様子。
また来たいねーって。
子供はいいね。親は大変だけど(笑)

夏休みのお手伝い

今年の夏休みは個人の目標もあったが
子供たちの成長のために家のお手伝いを自分たちで言われる前にできること!!
と勝手に決めてやってみた。


まずは誰が何ができるかを考えた。
うーん...人で分けるのはやめよう!!


手伝えることリストが先だ!
洗濯物を干すのと取込み・食器洗い・植物への水やり・食事後のテーブルふき
・掃除機をかける・買い物後の食材の運搬・チビと仲よく遊ぶ・部屋の片づけなどなど結構あるのだ。


早速夏休み初めに子供たちを集めて
上記のお手伝いができることを話して
手伝ってもらうようにお願いしてみた。


後は毎日機会があるたびにさらっとお手伝いできることを言い続けるだけ。


強制はしない。
自分たちでどのタイミングでできるのか考えて行動してほしいからだ。


言い方も学んできた(笑)
テーブルふける人いるかなとか
洗濯物干せるねとか
お母さんが手伝ってほしそうだよとか。
お願いとも取れる質問だが、強制せずに自分たちで考えて行動できるにはどういったことを言えばいいだろうかと日々考えた。


まだまだできていないことがあるが
食器洗いが好きではなかった次女は気づけば洗ったくれるようになったし
洗濯物も毎朝母を手伝うようになってきた。


植物への水やりは長男の仕事に。
毎朝、ほぼ毎朝(笑)できるようになってきた。
テーブルふくのも長男の仕事になっているようだ。


長女は万能でなんでもできるようになっている。
下の子ができない場合は長女が最終的に残りをかたずけるということが多くなってきた。
頑張れば3女のうんちも交換できる?ようになってきた。


3女は…
テーブルふき(なんとなく)や食材運びぐらいだったらお手伝いできるようになってるか?(笑)


子供たちが自分から率先して手伝ってくれるまではまだまだ時間が必要かもしれないが
彼らの将来のためにはいろいろなことを教えてやらせてみる必要があると思う今日この頃である。


子供として遊ぶことも大切で勉強することも大切。
家族としての時間も大切で将来大人になった時のための準備も必要。


親として子供に何が必要なのかよく考えてできる限りすべてを提供していきたい父である。

お菓子作り

7月末に8歳になった小2の長男。
8月になってもいろんな人からお祝いしてもらって喜びが大きかった誕生日だった。


そんな長男から
誕生日プレゼントをいただいた方や日頃お世話になっている方へなにか感謝を表したいと相談され
妻は長男と一緒にクッキーを作ることにした。


幸いにして一番危険(笑)な2歳の3女はおばあちゃんちに行くことになってたので
今のうちにとある8月末の日クッキーづくりが始まりました。


ほぼ母を独り占めして満足げな長男を観察しながら私は仕事に没頭していたが
いがいと楽しんでやっていたように思う。


クッキー生地をこねて型抜きしてトレーに並べてオーブンの中へ。
焼き上がりまで次のクッキーの準備。
邪魔者がいないのでけっこうスムーズだった。


焼き上がりもまあまあの出来だ。
冷めるのを待ってから次はデコレート。


アイシングを絞ってかわいく飾り付け。
これもなかなかの出来だ。
長男は妻に似たのか芸術肌だな。


出来上がるころにお邪魔虫が帰宅して大変なことに…


長男と妻が始めたクッキーづくりに
群がる人だかり...


数枚残っていたので飾り付けさせてみたが
アイシングを絞って手伝わせると力いっぱい握りつぶすので先からも後ろからも出てきて大変なことに。
3女本人はかなり楽しんでいたけど…


子供と一緒にお菓子作りをすることもできるようになってきて楽しみが増えてきた。


さすがに妻の誕生日ケーキはできなかったけど来年はみんなで挑戦してもいいかもしれないな。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。