小4次女の初めての筋肉痛

小学校で体力測定があり長女6年生と次女4年生、長男2年生がそれぞれ家に帰ってきてはいろいろ話してくれる。
なかでも負けず嫌いの次女は何かと長女と比べたがる。
長女はあまり気にしてないが、次女はかなり頑張っているのが分かる。


何日目だっただろうか。
なにやら肩と腰が痛いと次女が言い出した。


初めは寝違いじゃないか?と言っていたのだがちょっと様子が違うようだ。
いろいろ聞いてみると体力測定で頑張りすぎて筋肉痛になったようだ。


次女の人生で初めての筋肉痛だ(笑)
かなり痛くて大変そうで
普段は嫌がるマッサージをしてくれと言ってきた。


初日はほったらかして勝手に寝たのだが
筋肉痛の痛みに耐えられなくなったのか心を入れ替えて
お願いしてきたようだ。


肩と背中を中心に軽くマッサージをして
どうか聞いてみると少し良くなったかもとのこと。


無事にぐっすり寝られたようだ。


まあ子供は筋肉痛の改善も速いから
3日目にはケロッとしてたけど
本人には筋肉痛は大変な経験だったことだろう。


まあでもきっと今後も一生懸命に人に負けないように頑張るんだろうな(笑)
そういう姿勢は嫌いではないけどね。


楽しみながら向上することに目を向けて
人と比べずに頑張れるようになればいいね。

ナシ狩りに行ってきました。

先日、家族と友人数人と一緒に大好きなナシ狩りに行ってきた。
知り合いのナシ園で最高に甘くておいしいナシには毎年お世話になっている(笑)


車で15分ほどのところにあり行きやすいというのもあるのだが
私を含めて家族皆ナシが大の好物なのである。


10時現地集合ということで友人と待ち合わせて行ったのだが
周りがナシ園ばっかりなのでちょっと混んでいた。
迷った友人もいたり…


子供たちは数年前に来た時の記憶が少し残っていて
その年はセミが大発生した年だった。
もちろんナシ園内もセミが飛び回っていてビビりまくっていたと記憶している。


今年は幸いにしてセミはほぼいなかったので楽しんだようだが…
ナシを食べ始めてすぐにお客さん登場!!
利用していたテーブルのほぼ真上にセミが1匹。
ギャーギャーとうるさいからどうしようかと思ったがほぼ動かずセミはじっとしていた。


ナシ園は背の高い人にはある面で辛い。
ちょっと屈んで歩く必要があるのだ。
これが腰に効くんだなー(笑)
特に男連中で腰が痛いと言っていたが解決方法があった。
ところどこと木の枝がなく空が見える空間があるのだ。
男性はそこで首を出して休憩していた。
が、周りから見ると異様な光景。
首だけがないように見えるのだ。


そんなこんなで皆ナシを堪能して子供たちは暇になってきた。
ふと隣のブドウエリアにネコちゃん発見し見に行くことに。


けっこうでかめの白い猫ちゃん。
2歳児が一番喜んで追いかけてたな。
ネコにはいい迷惑(笑)


子供たちはナシでおなかいっぱいだったが
大人はナシを食べた後に昼食である。


みんなで持ち寄っていろんな家庭の味を体験できるのは
いろんな意味で好きである。
玄米のおにぎりを久しぶりに食べて感動した。


その後もナシも食べてお土産にもナシもらって大満足の一日である。


香と豊水を堪能しました。
次は新高の時期だな。
まだまだ楽しませてもらいますよ。
ナシ様!!

トイレトレーニング??

我が家の3女も3歳になったので
そろそろおむつ卒業してほしいと夫婦でよく話すようになっていたのだが
親が力を入れると何やらダメらしく
3歳児のやる気がなくなって行ったように感じた…


しばらくほっといたのだが
ふとした時に思いだしたようで
突然トイレに行く!!といいだした。


しかもものの数分ででたようで
しかもうんちができたのだ。


4番目の我が子にしてうんちが先にできた子は初である。
やっぱりちょっと変わった子か?(笑)


トイレが終わってみんなでほめちぎってたら
本人は喜んでいたがそれよりも
おやつが目的だったようでくれとせがんでいた。


それから数週間は腹が減ったらトイレに行く習慣になったようで
おやつ欲しさジュース欲しさでトイレに頻繁に行くようになった。


たぶんいろんな子がいると思うんだけど
3女はきっと人が教えても自分でやりたいと思わない限りやらない子だなと思った機会だった。
良い意味でも悪い意味でもタイミングとか興味が湧くように教えることも必要だと思った。


身近な家族の接し方一つでどっちにも転がる面白さ(笑)??があるように感じる。


先週からはおしっこはほぼできるが
朝一のうんちはどうもだめになってしまった。
そのごのちびっとのうんちは何度もできるんだけどねー。
出し方はわかるけどなんとなくおむつですることも捨てがたいんだろうな。


まあ焦らずにやって行きますよ。
楽しんでね。

3歳児のクリスマス




わが家の3歳の3女。
最近はまっているのがねんど!!


といっても
何かの形を作るとかはないのだが
こねてちぎる作業が楽しくてたまらない。


その影響か妻がパン種をこねていると
そこに加わって自分もやりたい(ねんど)といってせがむようになってしまった(笑)
本人はパン種のことを食べられるねんどだと本気で思っているらしい。


パン種ではほぼ問題がないが
ねんど遊びで困るのが
小さなカスが散らかること。
まだ小麦ねんどはいい方だが
運が悪いとふんでしまってカーペットがひどいことに…


でもねんど遊びは子供の脳を刺激するいい遊びだと聞いたので
何かいいものがないか探していた。


ちょうどクリスマスということもあり
情報がいっぱい。


そして見つけました。
面白いの。
キネティックサンドというもので
砂とねんどが一つになった感じのもの。
一目見て感動!!
ネットで見た後でおもちゃ屋へ実物見にいって即決です(笑)


汚れるのは変わりないかもしれないけど掃除は楽そうだ。
しかもねんどだけの楽しみだけではないのが面白い。
クリスマスのプレゼントにしたのでまだ遊んでいないが
間違いなく楽しんでくれるだろう。


個人的にはキネティックサンド 2.5kg
5kgの方がいいんじゃないかと妻と相談したがそうそう安いものでもないので
今回はとりあえず1Kgを準備した。


テーブル月って商品もあったがテーブルに4千円もかけてられなかった(笑)
3女の喜ぶかをが楽しみだ。


怪物くん




最近3歳の3女が怪物くんの歌を歌っていた。
実写版のではなくアニメの怪物くんの歌。


かーいかいかい
から始まる歌。


私が子供の時にやってたものだが
どこで知ったのか不思議に思っていたら
千葉テレビで夕方にやっているではないか。


絵のクオリティーでは最近のアニメにはくらべものにはならないが
内容は今も昔も子供には面白いものなんだと思われる。


他のチャンネルでもいろいろアニメがやっていても
わが家の子供たちは怪物くんが大のお気に入りである。


そしてお決まりの歌の間違い。
念力集中ピキピキドカンを念力チュウチュウと歌っていたり
いろんな間違いがあるが楽しいならいいか。


時代を超えて子供が楽しめるアニメとは。
藤子不二雄やはりすごいです。


いまならわが家内はアナ雪よりも怪物くんが歌われてるかも(笑)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。