満足な一日

待ちに待った幼稚園に自分も入れる日。
次女はご機嫌で嬉しさ全開だ。


長女の幼稚園で父の日に催しが開かれ
家族で参加した。


歌や踊り、挨拶など小さいながらも頑張っているのが伝わってきて
ほのぼのとした良い時間だった。


園児と家族が一緒に出来るプログラムもあった。


飛行機を作ったり、
大工仕事をして何かを作ったり、
一緒に園庭で遊んだりと楽しい時間だった。


何よりも一番楽しんだのは次女だったと思う。


釘を金づちで打つのはもちろん初めてだったが、
長女と一緒になってとんとんとやっている姿は
かわいらしく親としての満足の時間だった。


作ったのは靴箱に入れる台のようなものだ。


長女は家を作ってと言っていたのだが、
材料不足で...
父の経験不足が本当の理由。


いろんな事ができるようになっていることも分かったので
これからの家族の時間に今までできなかったことも
計画に入れていこうと考えた。


親の仕事も楽しいものですね。
まだまだいっぱいできる事があるようです。

アトピーの次女

相変わらずぽりぽりがりがりとかきまくる次女。
特に寝てるときはひどい。


隣で寝ている私は
かく音が気になって眠れないことも多い。


先週から試しに始めていた
ガーゼと包帯を巻いて寝ること。


効果が見られてきた。


先週手に入れた
ローズオイントメントという軟膏が
次女には良いらしく
擦り傷やかさぶたなどで人間の肌とは思えない
ひどかった肌が
久しぶりに人の肌が見えてきた。


来週にはきれいな肌になる勢いなので夫婦で喜んでいる。


子供に安全なアトピーに良いものと探してみたが
あんまりないんですよね。


さいわい娘に合っているものが見つかって安心しています。


いろいろ試してみましたが、
人によって合う合わないがあるみたいなので
忍耐して試す事が大事のようです。


ひざ裏のがさがさなところにも早く使っていってあげよう。
やっぱり女の子はきれいな肌を大切にしてあげたい。

うん?

長男が食べている赤ちゃん用のお菓子。
それを欲しがる次女の会話。


食べたいなーと次女。


長男に聞いてみなさいと妻。


これ食べてもいいですかー?と次女。


いいよ。と高い声で次女が声色を使って
まだ言葉が話せない長男に代わって一人芝居をした。


ちゃんと長男に聞いてみて!と妻。


仕切りなおしで
これ食べてもいいですかー?と次女。


タイミングよく
うん。と長男。


まぐれでも妻はびっくり。
その話を聞いた私もびっくり。


この子は天才か?


子育ては楽しー

どうしよう...

昨日お風呂の時間のこと。


長男は私と長女と次女は妻とお風呂に入ることになっている。


長女と次女が準備をしている間に
妻は先に風呂場に行っている。


準備ができた人から続いてはいるのだが
次女は準備ができたのになかなか風呂場に行こうしない。


変な空気に気づいた私は次女に近づいた。


大丈夫?と私。


うん。と次女。


おしっこしちゃった?と私


ちがう。と次女


お風呂は行っていいよ。と私


顔が変わってきて
入らない。と次女


ウンチでるの?と私


違う。と次女


しかし次の瞬間
ぽとりとお尻から何かが落ちてきた。


ばつが悪い顔をしている次女。
ここで怒ってしまうと子供を傷つけてしまう事がわかったので
そのまま待ってて。というと


まだ。と次女。


またもう一個ポトリ。
先に入っていた妻に出てきてもらって
次女はそのまま風呂場へ。


そこにいてという妻を振り切って
風呂場から出たがる次女。


何でかと妻が風呂場を見ると
何ともう一個あった。


トイレトレーニングとは
忍耐の何者でもないと感じる今日この頃である。


私も通ってきた道。
親への感謝でいっぱいである。


次女へ
一緒に頑張ろうね。

ブートキャンプ

子供と一緒にアニメを見ていると
アニメ終了後にテレフォンショッピングが始まった。


子供が真剣に見入っているので
何なのかよーく見てみると
あのビリーズブートキャンプではないか。


もともと踊りやミュージカルなど
体を動かすのが好きな長女は喜んでビリーにあわせて
バタバタと動き始め、
長女の真似をして次女も動き始めた。


4才の長女は体を動かすことに関しては
ずば抜けた天才かもしれない。


一度見た動きはほぼ完璧に覚えてしまう。


この才能を活かして
早いうちにバレエを習わせたいと経験者の妻は言っている。


昨日来日したビリーが
ブートキャンプを作るに至った経緯を話していたのだが、
家族が一緒に過ごす時間を持って欲しいということで
楽しく運動をしながら家族の関係を良いものにできたらと思って
ブートキャンプを作ったようです。


妻と冗談でわが家も
ブートキャンプを購入して
家族でやるか?
子供たちも勝手におぼえるし健康にもなるし一石二鳥?
と話してましたが...ちょっとお値段がねー


冗談半分でしたが、
子育てしながら体の限界を感じている父は
値段だけでもとオークションで
ビリーズブートキャンプを検索してみた。


テレビでは1万2千円ぐらいしていただろうか。
なんと5千円台でごろごろしているではないか。


なぜなのか?時間を無駄にして調べてしまった。
安いのは英語で日本語の字幕がないものというのがわかった。


でもわが家は日本語なくてもいいので、
子供らの護身や
身体検査でやや肥満体質と位置づけされた長女に良いものであれば
もしかすると購入するかもしれない。


これから大きくなる3人の怪獣のために
父は強い健康な鋼の体を必要としているようです。


子育ては体力が必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。